Dominick Gray is an American drummer and composer.

Born and raised in Toledo, OH, he began studying drums at the age of 12 at the celebrated Toledo School for the Arts. There, along with private lessons from a number of different teachers, he played in percussion, pop, and jazz ensembles, orchestra, and pit in various musicals. This intensive practical and theoretical education provided a strong foundation for his future musical endeavors. At this time, he also began creating original music with the instrumental band
Phantasmagoria, releasing 3 full-length albums and performing regionally.

Dom studied composition, percussion, and film at Columbia College Chicago for a brief period, and then worked in the theatre world of Chicago until deciding to pursue music full-time in Europe. Since 2014, he has been based in Berlin, Germany. It was shortly after this move that he developed
Telesonic 9000, an ambitious multimedia project involving hundreds of archival films re-spliced to original music. In addition to session work (Brian Jonestown Massacre, 4 Minute Mile, Itaca, etc), and performing with a wide variety of artists throughout Europe, Dom has most notably worked with the trio  Alright Gandhi , touring in 15 countries around the globe and releasing 2 albums - “Little Traveller” and “Somewhere Else”.

Dominick also works as a composer, making percussive, ambient, and field recording-based pieces for short and feature length films, and video presentations.

 

Explore Dom's other works here:

vimeo.com/domgray5000

www.soundcloud.com/dominickgray

<ドミニク・グレイについて>

ドミニク・グレイはオハイオ州トレド出身のドラマー、作曲家。12歳の時にトレド・スクール・フォー・ザ・アーツでドラムを学び始め、様々な先生達からプライベートレッスンを受けながら、パーカッション、ポップ、ジャズアンサンブル、オーケストラ、また様々なミュージカルでピットをつとめました。集中的で実践的かつ理論的な教育は彼がその後音楽に取り組むにあたって強い基礎となりました。在学中は、インストロメンタルのバンド「ファンタスマゴリア」でオリジナルの音楽制作に取り組み、3枚のアルバムをリリースし、地域でパフォーマンスを行いました。

彼は作曲、パーカッション、フィルムをコロンビア・カレッジ・シカゴで短い期間学んだ後、シカゴの劇場で働き、その後はフルタイムのミュージシャンとしてのキャリアを求めてヨーロッパへ渡り、2014年からドイツのベルリンを拠点に活動。ベルリンに渡った後すぐにマルチメディアプロジェクトTelesonic 9000の制作を始め、何百もの記録映像から映像をセレクトしオリジナル音楽用に編集。ヨーロッパでは、ブライアン・ジョンストン・マサカー、4ミニッツ・マイル、イタカなどとのセッションの仕事に加え、様々なアーティスト達とパフォーマンスをしました。その中でもオーライ・ガンジーのドラマーとしては15カ国をツアーし、「リトル・トラベラー」と「サムウェアエルス」の2枚のアルバムをリリースしました。

作曲家としても仕事をし、ショートフィルムや宣伝広告、ビデオプレゼンテーション用のパーカッション、アンビエント、フィールドレコーディングをベースとした音源作成も手がけています。

Photo by Christian Tan

© 2018 Dominick Gray
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Vimeo Social Icon